プロセス改善と影響範囲の把握

市場で勝ち残っていくには2つの方法があります。1つは、外部要因に素早く把握してトップダウン型で素早く適応していく方法、もう1つは、従業員が企業全体の状況や関係性を把握してボトムアップ型で適応していく方法です。特に後者のボトムアップ型の適応における重要なポイントとしては、全体像や関係性の把握のための可視化と、推進者の権限設定が挙げられます。

iGrafxを使用すると次のことを実現できます。

  • 戦略、要件、コントロールの変化の影響を理解。それによって、市場の状況と変化するビジネス・ニーズに迅速に対応できるようになる。
  • 人、プロセス、およびテクノロジー間の関係を理解し、変化の影響をより的確に特定し、評価できるようにして、事業の中断を回避する。
  • 変更するプロセスに対して、影響を受けるすべての関係者にその変更を認識させることができるようになる。
  • シミュレーション機能によって、プロセスの変更の効果を予測したり、最適な変更プランが何かを分析できる。
  • ガバナンス、リスクの低減などを一元的に管理して把握できる。

iGrafxは、プロセス、リソース、ビジネスのゴールに対する変化の影響を把握できるように支援。コンプライアンス管理、リスク管理、およびエンタープライズアーキテクチャイニシアティブを効果的に実現することで、変化の推進とリスクの管理を手助けします。

※エンタープライズアーキテクチャイニシアティブとは?(Wikipedia

お問い合わせはこちら
Managing Process Change