企業の課題と取り組み
~変革のビジョンと経営の現実を繋ぐ~

世の中のビジネスの移り変わり、そしてその変化のペースは日々加速し続けています。その中で企業が生き残っていくためには、企業全体の正確な状況把握と、迅速な経営判断が求められます。しかし、その判断の根拠となる情報が不足しているために、視界不良のまま舵取りをしなければならない企業がたくさんいらっしゃいます。

私たちは企業のすべての活動はプロセスが中心であると考えおります。経営者の目指す目的や成功に合わせて、各担当者や従業員の役割を可視化して整理し、それを認識させるサポートをしています。このサポートによって、迅速な経営判断を実現させるのはもちろん、日本の企業では難しかった部門横断的な取り組み(コラボレーション)を実現し、ビジネス全体の可視化、そして全体最適を見据えた改善を実現いたします。

迅速で正確な意思決定は、企業全体の運用パフォーマンスの向上、ビジネス・モデルの適応と変更、企業のリーダーへの転換が可能になり、それは競合他社との差別化につながっていきます。

お問い合わせはこちら

私達がサポートします:

Workflow Automation

デジタルビジネストランス
フォーメーション

デジタルトランスフォーメーションを行うには、全体最適の広い視野を持ち、どこが一番費用対効果が良いかを理解する必要があります。

顧客満足度の向上
(CSの向上)

競争力を高めるには、顧客満足度につながる顧客のさまざまな体験を理解し、業務改善へ繋げる必要があります。

GRC(ガバナンス・リスク・コンプライアンス)の運用

監査に合格するには、プロセスの状況に応じてリスクとコンプライアンスを理解する必要があります。

戦略的ビジョンの実行

業務変革を行う際には、業務プロセスを可視化し、どの業務が重要であるかを理解する必要があります。

Optimization

品質・情報管理体制

認定取得のためには、企業全体の品質管理を含むビジョンの設定と、業務プロセスの最適化、継続的に取り組む仕組みが必要です。

CoEの導入と権限設定

業務変革への取り組みを加速させるにはCoEを導入し優先順位を付け、適切な権限を与える必要があります。

Journey Mapping

プロセス改善と影響の把握

企業が継続的に成長していくためには、業務プロセスを把握し、全体最適による改善のPDCAとそれを継続的に実施する仕組みが必要です。

RPA Acceleration

組織的な連携

業務変革を推進するためには、専門知識を引き出して最適な改善プランの立案とプロセスの責任者を明確にしておく必要があります。