SAP 最適化2018-03-27T14:08:04+00:00

SAP最適化

IT/ビジネス間の効果的なコミュニケーションを実現して、ビジネス目標の達成をサポート

SAPプロジェクト構造を「サポーティング プロセス ランドスケープ」として活用

  • ビジネス向けツールを使用して、SAPビジネス設計プロジェクトの設計/編集を行います。
  • 単一モデル内のシステム/データ情報とビジネス用語を統合させます。
  • iGrafxとSAPソリューションマネージャの同期により、設計モデルの完全性を保証します。
  • プロセス設計時の入力データに関して連絡すべき主要担当者や、変更の際に通知/訓練を行うべき主要担当者を特定できます。さらに、エンドユーザーのテストの支援に従事する主要担当者を探し出すこともできます。
  • IT部門とビジネス部門が同じビューを利用するため、両部門間のコミュニケーションが正確になります。

SAPプロジェクト構造内の依存関係を視覚化

  • SAP自動化アクティビティがひとつの大きなビジネスプロセスの一部となっている場合、視覚化を行います。
  • プロセス関連の要件(技術/機能/財務)を文書化し、実装チームに全体像を把握させることができます。
  • 必要なビジネスのルールや制御を明確化することにより、コンプライアンス要求事項を満たすことができます。

「業務プロセス ランドスケープ」全体へのSAP変更の影響について簡単に確認

  • 見やすいビジュアルレポート機能を実行して、業務プロセスや社内外リソースへのSAPの影響について分析を行います。
  • ビジネスを最大限にサポートするため、SAP関連のITアーキテクチャリソースの必要性について計画します。
  • SAPがビジネス活動を改善できる機会のある領域を探り出します。