//リスクコンプライアンス
リスクコンプライアンス2018-03-22T14:06:03+00:00

プロセスリスクの特定・低減により、コンプライアンスを確保

記録システムの活用により、ホットスポットの特定/高コストな手動プロセスの削減/コンプライアンス監査への準備が行えます

リスク/コントロールの割り当て、およびプロセスコンテキストのギャップ削減に関するレポート

  • リスク/コントロールのカタログに、アイテムを(再利用に向けて)追加またはインポートします。
  • プロセス・フローのコンテキストに合わせて、リスク/コントロールのインスタンスを作成します。
  • リスク(コントロールを伴わない)のギャップに関するレポートを作成します。

プロセス構造内のリスク/コントロールのインスタンスごとに、具体的な評価を実施

  • プロセスの業務上の詳細に基づいて、リスクの発生率や影響について評価を行います。
  • 特定のリスク・インスタンスを軽減させる、コントロールの効果について評価を行います。
  • リスク・カテゴリーを活用して、コントロールカバレッジ分析に役立てます。
  • 企業/業界特有のプロパティを適用して、優れた可視性を実現します(例:KeyまたはNon-Key, SOX, BASEL, Solvency IIなど)
  • リスク/コントロールの評価に基づいて、「残存」リスクを計算し、レポートを作成します。

リスク/コントロールのカタログを活用し、ビジネス・プロセスに関する監査報告書を作成

  • リスクカタログから、リスク軽減(残存リスク)の有効性について確認することができます。
  • プロセス構造内で適用されていない、カタログ中のリスクのギャップを表示します。