使いやすさ2018-03-22T13:11:01+00:00

使いやすさで適切な割り当てを

iGrafx のライセンスモデルでは、誰が何をしているかについて正確かつ容易に把握できるため、適切なユーザーに必要な機能を簡単に割り当てることができます。

25年以上に渡るビジネスプロセス管理(BMP)の経験から、当社はBPMを成功に導く各役割の性質について熟知しています。そのため当社のライセンスには、BPMソリューションに従事する4つの主要な役割である「VCDA」——「ビューワー(Viewer)/コラボレーター(Collaborator)/デザイナー(Designer)/アーキテクト(Architect)」——が反映されています。

Viewers(ビューワー)

プロセスを最前線で実行する人員を指します。ビューワーは、自分たちに求められていること、つまり「何をどのように作るか」について把握しておく必要があります。ビューワーは、承認されたプロセスや手続きに関する文書に迅速かつ簡単にアクセスし、その内容について理解したことを示したうえで、業務に取りかかることが求められます。

Collaborators(コラボレーター)

業務の達成に責任を負う、重役/プロセスオーナー/専門家などを指します。コラボレーターは、サポート文書を提供し、また関係者たちが参照する文書についての承認を求められることがあります。コラボレーターには、統合された情報やプロセスについて、組織全体を通して把握する能力が必要になります。

Designers(デザイナー)

プロセス作成者を指します。プロセス図の策定/プロセス改善プロジェクトの実行を専門的に行い、また(ビューワーが閲覧し、コラボレーターによる承認済みの)文書を常に最新版の正確な内容に維持します。デザイナーには、プロジェクトを達成させてビジネス・パフォーマンスを改善させるため、図の作成/分析用のツールが必要となります。

Architects(アーキテクト)

ビジネス専門家を指します。エンタープライズの「End to Endビュー」を作成し、複数の「デザイナー」が権限を持つ各要素の定義を行います。アーキテクトは、エンタープライズモデルの原動力となる、ソリューションのフレームワークや再利用可能なオブジェクトを作成します。アーキテクトには、ビジネス改革の計画に必要な分析結果を得るため、統合的な改革計画/影響の分析/報告ツールが必要となります。

上記4つの役割(VCDA)はiGrafx環境全体のバックボーンとして、適切な機能を適切なユーザーへ、的確なタイミングでいつでも提供します。

iGrafxの機能

Viewer
ビューワー

Collaborator
コラボレーター

Designer
デザイナー

Architect
アーキテクト

承認済み文書の閲覧 X X X X
文書や図の承認 X X X X
文書や図のレビュー/承認 X X X
オブジェクトやレポートの閲覧 X X X
コメントの閲覧/作成 X X X
オフィス文書(PDF、DOC、PPT等)や
ウェブリファレンスの作成/管理
X X X
図の作成/管理 X X
リソース(RACI用)や用語集の用語の作成/編集 X X
ダッシュボードやレポートの作成/編集 X X
ビジネス・アーキテクチャ・オブジェクトや
リレーションシップの作成/編集
X

永久ライセンスまたはサブスクリプション・オプション

iGrafxの柔軟なライセンスオプションにより、iGrafxクラウドまたは貴社ネットワークによるインストールかを問わず、ご調達のニーズをサポートいたします。お客様は、iGrafxクラウドプランにご登録することができます。もしくは、永久ライセンスのご購入後に、社内展開することも可能です。

各展開モデルのライセンスオプションは、以下の通りです:

展開/ライセンス

サブスクリプション

永久

エンタープライズ・クラウド X
専用クラウド X
データセンター
(オンプレミス、または
プライベートクラウド)
X X