メリット2018-03-15T17:24:51+00:00

iGrafxのメリット

Webベースのシングルポイントでのエントリーにより、全社にわたるアクセスと導入を実現

  • 直観的に操作できる最新型ユーザーインターフェースにより、組織全体の取り組みを促進します
  • ブラウザやモバイルデバイスからコラボレートすることにより、プロセス情報を取得し、ビジネスモデルを作成できます
  • 能率的なダッシュボードへのアクセスにより、各役割に応じてビジネス情報やリアルタイムパフォーマンスに重点を置くことができます
  • 常に最新の情報が把握でき、ユーザー固有のアクセス制御により機密データをプライベートに保持します

モデルの統合により、変更管理を改善

  • 参照先の変更を一箇所で行うと、ほかの場所も同時に更新されるため、よりスマートかつ迅速にモデル化が行えます
  • 図表の比較により、変更内容について必要な分だけ詳しく正確に把握できます
  • 各役割や責任を主要プロセスに関連付けます

ビジネスモデリングの強化により、ビジネス知識の取得/分析の手法を改善

  • ビジネスの相互依存性に関するカスタム情報の取得/引き出し/分析を行います
  • BPMNプロセスやビジネス・アーキテクチャ・モデルをより直観的に作成できます
  • 追加のデータや関連性を組織リソースに関連付けることにより、それらがビジネスに与える影響について明確化し理解を深めることができます
  • 実現性の高い組織リソースの活用方法に基づいて、改善シナリオを分析します

Webベースの強力なレポート機能とダッシュボードにより、意思決定を迅速化

  • 関連ビジネスやプロセス・パフォーマンスを一目で把握し、必要な詳細レベルにまで落とし込むことができます
  • ビジネスのあらゆる重要局面に関する主要業績指標を追跡できます
  • 各ユーザーにとっての重要条件に基づいて、ビジネスに関する知識をより多く抽出できます
  • 各プロセス内のリスクとギャップのレポート作成により、コンプライアンス違反の発生率を抑えます

スケーラブルなソリューションにより、安全なIT環境や複雑なIT環境のいずれもサポート

  • 非常に柔軟性が高く、精巧なネットワークストラクチャをサポートできます
  • ユーザー管理/アクセス許可/プラットフォーム設定を一元的に管理します
  • いつでもクラウドやオンプレミスに展開できます

ロールベースのメリットにより、広範な導入を促進

  • 情報に基づいた意思決定を下すため、事業部門リーダーは、運用最適化の取り組みの優先順位付けや管理、それらの有効性の監視を容易に実施できます。
  • プロセス/リスク/コンプライアンス/ビジネスの各アナリストは、iGrafxを使用した場合のモデリングやレポート作成について、非常に多くのメリットを実感できるでしょう。他のビジネスユーザーと容易にコラボレートしたまま、同時にプロセス知識や完成度を高めることができます。
  • ビジネス・トランスフォーメーション/センター・オブ・エクセレンスの各リーダーは、さらに容易にデジタル・ビジネス・トランスフォーメーションの戦略を推進させることができ、完成度の測定や改善が実現します。
  • プロセス実行者は直観的に操作できるインターフェースを利用して、構築済みの標準環境内でプロセスのモデル化/レビュー/承認を行えます。
  • 熟練ユーザーは引き続き、各自好みの手法で主要ビジネスプロセスのモデル化や分析を行えるだけでなく、ビジネス戦略や目標への追跡可能性によ
  • ってプロジェクトの優先順位を完全に把握することができます。
    IT担当者は、安全にオンプレミスやクラウドに展開する一方、シンプルながら堅牢なユーザー管理インターフェースでユーザーを管理できます。